ENTRY

Interview

社員インタビュー

長谷川 潤

Mtameの新しい柱となる
サービスを生み出し、
自分も仲間も成長させる。

2009年度中途採用
Mtame株式会社 WEB事業責任者 長谷川 潤

Jun Hasegawa

学生時代はどんな学生でしたか?

文化服装学院 流通専門課程 スタイリスト課卒業ですが、こう見えて相当真面目な学生でした。

当時の母校はぶっ飛んだ人ばかりで、入学式にスーツ着てくる人はゼロ、黒髪の人は一人もいなかったんじゃないかな…
当時の服飾関係の専門学校は文化服装学院かバンタン、モードの3つが有名で、中でも母校が一番授業内容が厳しく、毎日課題を出されて期限を守らないと単位がとれなくて、脱落する人も沢山いました。

私はその中で卒業まで無遅刻無欠席で唯一の男性優秀生徒として選出されていました。バイトも週3くらいでしていたんですが、、、振り返るとめっちゃ充実してたね。(笑)

長谷川 潤

学生時代どんな社会人になろうと思っていましたか?

アメリカとつながる仕事がしたいと思っていました。

高校時代に雑誌を見てアメリカ製の洋服が大好きになり、高校2年生の3者面談で親に相談せずに「俺はアメリカの大学に留学する」って言っていました。(笑)
結果、学力・資金不足で文化服装学院へ入学したわけですが、仕事でアメリカに行ける方法を考えたときに古着のバイヤーなら毎月アメリカに行けるという情報を入手し、都内の古着屋をさんざんリサーチして最短で買い付けに連れて行ってもらえる会社へ入社したのが前職です。
ちなみに、入社後の買い付けではアメリカ(西海岸~中西部)、香港、中国(深セン、広州)を中心にメキシコやタイ、ベトナム、オランダなど沢山の国に行かせてもらいました。
ちなみに、2005年~その会社でパンプス通販のECサイトを運営していて、そのことがIT業界に入るきっかけになりました。

余談ですが、買い付けは本当に体力勝負の半分ガテン系のような仕事でした。アメリカでは40フィートのコンテナいっぱいの家具をフリーマーケットで買い付けて、4tトラック3台に3人で積み込み、倉庫でコンテナにテトリスのように詰め込んで出荷、3週間後日本で受け取って、磨いて、直して、、、香港でも繁華街で裸で荷物を運んでいる香港人に交じって自分も40キロの洋服袋を4時間ひたすら運び続けるとか、、、
ただ、20代のうちにたくさんの国へ行って色々な経験ができたことは、自分にとって本当に大きな財産です。

長谷川 潤

スターティアラボ(スターティアグループ)への入社の決め手は何ですか?

「縁と運」です(笑)

2005年から行っていたECサイトの運用でIT業界への憧れもあったのですが未経験のため書類選考が全く通らず、面接に行っても面接官の質問内容が全く分からないことが多く半年ほど就職浪人状態だったのですが、当社の求人で「業界未経験可のアルバイト募集」を見つけてエントリーし、小友さんに面接していただきアルバイト採用されました。

面接では何を話したか全く覚えていませんが、やる気だけは相当アピールしていたと思います。

スターティアラボ(スターティアグループ)の入社前と
入社後のギャップは何ですか?

入社当時は「めちゃくちゃ営業会社なんだな」と感じていました。前職でも社内に営業はいなかったし、外部の営業との付き合いというのがほとんどなかったので、営業という職業に直接触れたのが初めての機会でした。なので、営業の数字へのこだわりやお客様との接し方、モチベーションの上げ方など会社内での風景が毎日が新鮮でした。

ただ、同時に営業と制作部門とのコミュニケーション不足も存在していて、もっと良いWEBサイトを作っていくために自分が会社内でのコミュニケーションを意識的にとるようにしていました。結果、営業のお客様へ対する気持ちを制作に具体的に伝えたり、素敵なWEBデザインが出来上がったら営業へ共有したりしてコミュニケーションが活発になっていき、今ではお互いにお客様に満足してもらえるサイトを作るという目的のもと切磋琢磨しあってます。

スターティアラボ(スターティアグループ)の魅力は何ですか?

・手を挙げたことはどんどん任されて成長できます!
・同じステージの同志がたくさんいるので、人生においての親友ができます!

長谷川 潤

今どんな仕事を担当されているのですか?

WEB制作事業の責任者をしています。

企業のWEB戦略の土台になるWEBサイトの構築を実際に行う部署を統括しており、WEBディレクター、クリエイターなどのメンバーと一緒に事業を推し進めています。
また、最近ではWEB制作を行うだけはなく、一般企業とクリエイティブ企業(印刷会社や動画制作会社など)をマッチングさせるメディアを2つ運用していて、これらのサービスをグロースさせる責任者も兼務しています。

3年後に実現していたい未来は何ですか?

2つあって、1つ目は
・「PARK」という企業とクリエイティブ企業をマッチングさせる事業を黒字化させる

当社のWEB制作事業は我々がお客様のWEBサイトを1から制作し納品することが主な業務なのですが、今後は自分たちが制作する時に活用している自社開発システムであるCMS BlueMonkeyというツールをクリエイティブ企業にライセンス販売していくビジネスモデルを確立して行きたいと思っています。
そのために現在運営している「ウェブタメ!」「MoviePrint」を成長させていきます。

もう1つは
・海外ビジネスを推し進める

オフショア拠点や現地でのローカルビジネス、外国籍マーケッターの育成と採用など何からどのように手を付けていくべきか模索中ですが、自分の原点でもある海外とのビジネスを当社でも実現していきたいのです。

長谷川 潤

将来の夢、野望は何ですか?

「PARK」または海外事業で子会社化できるように事業も自分も成長させること。

どんな新卒社員と一緒に働きたいですか?

好奇心があふれている方と一緒に仕事がしたいです。

「調べて先入観を持ち過ぎて、頭でっかちになった結果やらない…」というより「楽しそうだからまずはやってみる!」という考えの方をする人はコミュニケーション力も高いと思いますし、結果、失敗したとしても再度チャレンジしていっているように思います!

あなたを逆指名しようか迷っている学生に一言!

アパレル業界からITへの転職というキャリアを経ているので、「WEBクリエイターになりたいけどどうすればいいのか?」「洋服大好きだけど何か活かせるビジネスはあるの?」「なんでも良いからサービスを育てていきたい!」「海外でのビジネスに興味がある!」など幅広く経験を基にしたお話ができると思います!

40歳になるので皆さんの親と同年齢くらいになる場合もあるのかな?(笑) なので包容力をもってどんな相談でも乗りますよ!

長谷川 潤

ENTRY